FC2ブログ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.07.06 17:26|日々の徒然
こんにちは、ホコです!

今日は梶ヶ森の山開きでした!
いよいよ夏本番です!
同時に台風も近づいていますが、皆様気を付けてくださいね。


さて。
つい先日、大豊町が全国に誇るあのまぼろしのお茶・碁石茶の生産加工現場へ行ってきました。


ここは、大豊町梶ヶ内。
国宝の薬師堂を持つ、豊楽寺のわりと近く。
山を登って、林道に入ってしばらく走ると見えてきました。
P1070622.jpg

P1070616.jpg

江戸時代から碁石茶づくりの続く、小笠原章富さん宅です。
P1070621.jpg


こちら、碁石茶の原材料の茶畑。
P1070590.jpg
ヤブキタ茶70%、山茶30%のブレンドでつくるとのことです。

P1070592.jpg



小笠原家の碁石茶継承者6代目、小笠原章富さん。
昭和53年、37歳の時にUターンし、小笠原家代々続く碁石茶づくりを継承して約35年。
昭和50年代、大豊町の過疎化や高齢化が原因となり、碁石茶生産農家がたった一戸の風前の灯となった時、全国唯一の伝承者として踏ん張ったのが、章富さんの父親・正春さんでした。
10357610_667616986665416_7307168230103373949_n.jpg
摘み終わった茶葉は、小笠原家秘伝の菌がついたムシロに包み、約8日ほど発酵させます。
これが、1段階目の「空気に触れる」発酵。

「ほら、ふかふかしちゅう。」
こうやって、毎日、茶葉を踏むのも大切な作業です。

そして、これが大事な菌のついたムシロ。
P1070618.jpg
この菌と同じでなければ「碁石茶」と呼べないそうで、農家さんに菌分けするときにはムシロを分けるとのこと。


1段階目の発酵が終わった茶葉。
P1070606.jpg



そして、その茶葉の不純物を選り分ける作業。
P1070580.jpg

特有の、酸っぱい匂いがたち込めています。
P1070600.jpg
手前の女性は、この道20年以上の大ベテラン・れいこさん。
慣れた手つきで不純物を選り分けていきます。

10492582_667617149998733_4655522859823463445_n.jpg

選り分けたものを大きな樽へ入れ、
10438312_667617196665395_4363277556271156389_n.jpg

P1070598.jpg

P1070608.jpg



重しをします。
P1070614.jpg
この樽に入るのは約450㎏ほどの茶葉。
茶葉と同じ大きさの重しをするとのこと。
ここで約20日間熟成。
小笠原さんによると、重しをかけても、発酵の段階で10cmほど浮き上がってくるとのこと。
「メタンガスが発生するき、コポ、コポと音がするがよ」
この工程が2段階目の発酵。

碁石茶は、お茶の中でも唯一の2段階発酵茶なのです。


その後、切り出し→乾かすという工程を経て、約60日かけて完成。
実際に出荷するのは、2,3年後というから驚きです。


碁石茶をいただきました!
P1070619.jpg
この酸っぱさ、クセになります。
乳酸菌の量が、一般的に市販されているヨーグルトのなんと250倍!

ちょっと高価ですが、継続して飲み続けることで健康に効果が出てくるのこと。


お店では、こんな感じで売られています。
P1070625.jpg


碁石茶の加工現場が見られるのは、一年でも6月~7月のみ。

見学ご希望の方は、
大豊町碁石茶生産組合
0887-73-0978
まで^^
スポンサーサイト
2014.04.06 17:18|日々の徒然
こんにちは、ホコです。

4月というのにこの寒さ・・・><
なんと今日は雹が降るというお天気・・・。

そんな中、旧立川番所書院(立川御殿)にて、着物で楽しむイベント、「昔を感じよう!」が開催されました。
P1060691.jpg


まずは、立川番所保存会会長・石川靖朗氏による、旧立川番所書院の沿革を。
P1060679.jpg
江戸時代は関所だった立川番所。
お殿様が江戸へ4年に一度の参勤交代の時、ここを宿に使いました。
そして、明治時代~昭和時代は民間の旅館へ。
今の形に修復され、国の重要文化財に指定されたのが昭和56年とのことです。

続いて、「大根とおきなと漬け物の話し」を。
P1060686.jpg


そして、土佐山内宝物資料館企画課長・横山和弘氏による、江戸時代のきもののお話し。
P1060695.jpg
身分によって着られる着物が決まっていたので、今のように自由が利かなかったとのことです。



本来なら、立川番所の周辺を散策という予定だったのですが、天候不良のため、プログラムを変更して立川番所の建物内をご案内。
P1060702.jpg
これはお殿様のいた部屋。一段高くなっています。


お昼ご飯を輪になって。
P1060717.jpg

今回の「昔を感じよう!」の企画を中心となってやってきた、立川体験交流の会会長・長野永子さん。
P1060714.jpg


お昼ご飯・・・♪
P1060719.jpg
この紙の包みは、地元で山師をされている小笠原さんが描いたイラストです。
桜色のステキな絵♪

大豊名物・立川そば。
P1060721.jpg

銀不老寿司や野菜のかき揚げ、ぬた、銀杏。
P1060723.jpg

桜の花びらが乗った茶巾絞り。
P1060724.jpg
春ですね~。


そして、いよいよ、着付け。
P1060743.jpg
自分で全部着る方もいれば、こうして着付けてもらう方もいて、にぎやか。



P1060744.jpg


ちょうど、このイベントを新聞で知って駆けつけてくれた日本写真クラブの方が撮影してくれたり、ちょっとした撮影会状態に(笑)!
P1060748.jpg


畳の上を歩いてみたり、
P1060750.jpg

お辞儀の作法を学んだり、
P1060755.jpg

和菓子をいただいて、
P1060762.jpg

お抹茶をたててみたり。
P1060765.jpg


優雅な一日となりました。
P1060732.jpg


終わった頃にはすっかりお天気も回復していました♪
P1060688.jpg


ふだん、なかなか着物を着る機会ってないですが、こうやって、たまには着て、優雅に昔を感じるひと時もいいものですね。

参加者の皆様、ありがとうございました!


2014.03.20 17:06|日々の徒然
こんにちは、ホコです。
年度末、何かとバタバタしていて、ブログの更新が滞っており、申し訳ありません><


さて、先日18日、高知気象台が全国で一番乗りで桜の開花を告げましたが、お山の大豊でも桜が咲いています!
1395302241620.jpg

川の水はエメラルドブルー。
1395302244130.jpg
どこから撮影したか分かりますか?(笑)

右上の方に見えている建物は、旧穴内小学校。

そうです、穴内の対岸から撮影しました♪

すぐ近くにある「宿屋 川かぜ」の石川さんが大好きな景色とのこと。



明日は春分の日。
3連休になる方も多いかと思いますが、よい休日をお過ごしくださいね♪
2013.12.27 14:12|日々の徒然
こんにちは、ホコです。

2013年も、もう4日と半日となりました。

今日は仕事納めです。
993805_462351910536525_685718590_n.jpg
写真は、午前中の「ゆとりすとパークおおとよ」での様子。
同じ事務所内で仕事をしている役場の職員さんが撮ってきた写真です。

今年は、あなたにとってどんな年でしたか。

わたしは・・・公私ともにいろいろな変化が訪れて、とても充実した一年でした!


そして、今年最後に、新年のイベントをご紹介させてください!
2月16日(日)開催の、
 「地元のお母さんが伝授!!
          そば打ち&こんちんづくり体験」。 


そばは、水と空気の美味しい大豊町穴内(あなない)地区で収穫したそば粉でつくる、本格手打ちそば。
foodpic4352756.jpg
自分で打って、自分で食べる。

こんな体験、なかなか出来ません!
IMG_4370 (2)
自分で打ったと思えば、美味しさも格別ですよね。
ふぅふぅと、召し上がれ♪



そして、もう一つの柱、こんちん
今秋、「じゃらん×2モーニング」でも取り上げられた、大豊の郷土料理。

小麦粉と特製出汁を混ぜ、そこへ具を混ぜます。P1030846_20131227150002eaf.jpg
この具がポイントで、なんとエゴマとゴボウ。

それをフライパンで焼きます。
P1030851_2013122715000322e.jpg
写真だけを見ると、お好み焼きのソースを塗る前(?)かとも思う「こんちん」ですが、
実際食べてみると全然違うことが分かります!


こんちん写真
ぜひ一度、作って食べてみて!
癖になる美味しさです。


こちら、手打ちそばこんちんの、2つのレシピを、
「穴内あけぼの会」のお母さんが伝授します!!

料金は、大人2,500円、小中学生1,000円。幼児無料です。

時間は、10:00~14:00まで。

2月16日は、予定を空けておいてくださいね~♪
お申し込みは、大豊町観光開発協会0887-72-0450(代)まで!
新年1月6日~お申込み受付を開始します!

詳しくは→コチラ



それでは皆さま、良いお年をお迎えくださいね。
2013.12.03 16:34|日々の徒然
こんにちは、ホコです♪

たそがれ時のひととき、いかがお過ごしでしょうか?

さて、昨日。
大豊町から車で約40分の南国市内の各施設に、
今度15日(日)に大豊町で行われる
オリジナルリースづくり体験
の宣伝を兼ねて、営業に行ってきました!

スーパーなどにチラシを置いてもらいましたので、よろしくお願いします!

そして、こちらも行ってきました!
南国市役所内にある、南国市観光協会です!
1386043705407.jpg
左のダンディな男性が、事務局長の中山さん。そして、笑顔の素敵な事務局員・黒田さん(右)。



お二人に、ちゃっかり、大豊町のオリジナルリース作りのチラシを手にしてもらいました♪
1386043690709_201312031620336cd.jpg
黒田さんは、以前、このリース作りに来ていただいたことがあるとのこと。
今年は仕事の関係で残念ながら来られないそうですが><、、
「ご飯も美味しくて、とてもよかった!!」とおっしゃっていただきました♪
ありがとうございます!!



そうそう。
南国市は、その日はこんなイベントがあるそうです。
1386043747333.jpg
※すでに定員いっぱいとのことですが、遍路ウォークはわたしも個人的にとっても興味があります!
一度めは車で回り、今、歩き遍路で途中まで回っているのですが、1年以上、ちょっと休憩中・・・><
次回、仕事が重ならなければ、ぜひ参加させてもらいたいです!!


これからも、近隣の市町村同士、お互いにいろいろと協力していけたら・・・と思っています。



穴内あけぼの会のオリジナルリース作り体験 
1386055861341.jpg

詳しくは→コチラ♡
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

大豊町観光開発協会

Author:大豊町観光開発協会
大豊町の観光企画やPRをしている、大豊町観光開発協会です!
H27.12.11 長らくお休みをしていましたが、もうまもなく再開します。大豊町の楽しい情報をどんどんUPしますので、楽しみに待っていてくださいね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。