FC2ブログ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.03.30 09:15|イベント情報
こんにちは、ホコです。

本日2回目の投稿です。

このほど、定福寺とチベット仏教との夢のコラボレーションが実現しました!
11076290_670475936408716_5617028242086935024_n.jpg
5月19日(火)~24日(日)

『タシルンポ寺と定福寺 チベットの祈り
チベットフェスティバル2015~
チベット文化と豊永郷文化の交流』



チベット僧侶11人によるチャム、砂曼荼羅作成、瞑想セッション、法話、声明。


19日(火)の開会式では、チベット神楽と岩原神楽の舞がみられます。
まさに、チベットと豊永郷の文化の融合です。
※定福寺のある大豊町の東部は、豊永郷(とよながごう)と呼ばれており、昔から独自の文化を築いてきました。

また、クライマックスの24日(日)の13:00~13:45は、先着100名様限定で「阿弥陀如来許可灌頂」に参加できます。(定福寺まで事前申し込みが必要です)

他にも、チベット式占い、特製グッズ・ショップなどがお目見え。
この機会をお見逃しなく!!

定福寺の副住職・鶴井龍秀さん。
※普段着で、「こんな姿でいいんですか??」と躊躇されながらも、撮影に応じてくれました。
ありがとうございます!
11084295_670475956408714_7005921563261204115_n.jpg
今回の『チベットの祈り』は、龍秀さんが長年、チベットの方々と交流のあったことから実現した、千載一遇のイベントです。
ちなみに、龍秀さんが持っているパンフレットは、チベットの経典の形を参考にしているのだそうですよ。


そしてこちらは、定福寺ご住職の鶴井龍宏さん。
10986814_670475969742046_7759976185738740270_n.jpg
龍宏さんは小学校5年生の時からこのお寺で修業しているそうです。


日程表です。(見えるかな??)
11102617_670475996408710_6047786633359874524_n.jpg
特におすすめは、開会式と、クライマックスの灌頂とのこと。
灌頂は、事前申し込みの限定100名様のみなので、お急ぎください。

ちなみに、灌頂とは・・・
主に密教で行う、頭頂に水を灌いで緒仏や曼荼羅と縁を結ぶ儀式のことです。
10411736_670476023075374_4302179045779655271_n.jpg

11102632_670476053075371_924947907719553589_n.jpg

11048723_670476079742035_2461431422192583160_n.jpg

場所:定福寺(大豊町粟生158番地)
主催:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所、真言宗智山派 粟生山歓喜院 定福寺

【お問い合わせ・お申込み】
定福寺 0887-74-0301

【入場券は、その他こちらでも販売】
高新プレイガイド、乾仏具店、吉本共栄堂、四国仏心堂
※灌頂のお申し込みは定福寺にお願いします。
スポンサーサイト
2015.02.13 16:05|イベント情報
こんにちは、ホコです。

2月13日。
早朝から大豊町はしんしんとした雪につつまれました。
特に、徳島県にも近い、豊永から東は、雪の降り方がまるで違うそうです。
1423808856305.jpg
そういえば、昨年のちょうど今頃(正確には2月14日でした)も、大雪だったのを思い出しました。

この道は、南大王の「福寿草の里」への道です。
1423808860885.jpg
途中から、スタッドレスタイヤがないと危ない状況です。
積雪量は多いところで20cmぐらい。

1423808863213.jpg

福寿草まつり会場です。
1423808858051.jpg
風がびゅうびゅう吹いて、かなり肌寒い。


雪肌から顔を出す、可憐な福寿草。
1423808861974.jpg
写真の技術がイマイチなのですが、雪の白と福寿草の黄色のコントラストがなんとも美しいです。

絶好のシャッターチャンスが今
なので、ぜひ来ていただきたいのですが、


今週末ご来場予定の方、
お車は必ずスタッドレスタイヤもしくはチェーン装着
でお越しくださいね。
※道をナメると、痛い目に遭います・・・><
わたしも、年末にノーマルタイヤで雪道を走り、ズリっとスリップしかかりました><
今はさすがにスタッドレスタイヤですが(^_^;)

また、道幅も大変狭くなっております。行き違いの車にもお気をつけて・・・。



それでは、良い週末をお過ごしください♡





2015.01.28 10:57|イベント情報
おはようございます、ホコです♪

昨日、もうすぐ始まる福寿草まつりの会場、南大王に行ってきました。

大豊ICから国道32号線を徳島方面にだいたい20分ぐらいで、「豊永」というところにきます。

そして、踏切を渡って国道439号線に入り・・・
暫くするとこんな看板が見えてきます。
10940465_642229729233337_99047348378551703_n.jpg

昨年末に完成した新しい青い橋を渡ります。
19285_642229749233335_8312894507072269232_n.jpg
※今まで渡っていたもう少し先にある橋は、現在渡れませんのでご注意ください。

渡ったら道なりに進み、最初に出てくる分岐を右折、そこからしばらく走ると二股になっているので、左の方へ進みます。(右へ進むと梶ヶ森です。ちなみに右に「梶ヶ森」と、左に「福寿草の里」の標識が出ています)

・・・とか言いながら、昨日は道を間違い、何とぐるっと回って元のところに出てきてしまいました・・・・・汗
わたしのようにならないように!!


あと2キロで着きます!!
1976992_642229762566667_3335611093026969373_n.jpg


南大王の「福寿草の里」会場では、小さくて黄色い福寿草の花がちらほら咲きはじめていました。
10383082_642229882566655_5763063377831868787_n.jpg

10516862_642229849233325_5944799094950414411_n.jpg

一緒に行ったKさん。
10951912_642229899233320_839667403511446479_n.jpg

「福寿草の里」を登り切ったところにある売店(ここで会期中は田楽やうどん、豚汁などの販売がある予定です)と、蛇体神社。ご利益がありそう!
10947173_642229922566651_7171777615639026757_n.jpg

近くで農作業をしていたご夫妻が、
「どこから来た?もうえい感じで咲きゆよ。ゆっくり見て行ってや~」
と声を掛けてくれました。

小川のせせらぎの音、そして黄色い可憐な福寿草に癒され、しばしのひとときを過ごしました。


「第27回福寿草まつり」
2月8日(日)~3月8日(日)
まもなく開幕です!!

2月8日(日)には、オープニングセレモニーが行われ、もちまきや永淵神楽の舞も披露されます。
10407934_642235825899394_831273981943991061_n.jpg

1509265_642235959232714_5517516711986609577_n.jpg

福寿草まつりについてのお問い合わせは
「福寿草を育てる会」0887-74-0324


日帰りウォーキング(2/22土、2/28日)についてのお問い合わせは
「ワープ高知支店」088-822-8130


福寿草まつりフォトコンテスト(3/3火17時締切)についてのお問い合わせは
「大豊町観光開発協会」0887-72-0450㈹


※積雪や路面が凍っている可能性がありますので、お車でお越しの場合はスタッドレスタイヤ装着でお越しください。
※スギ花粉の季節ですので、花粉アレルギーの方はマスク着用をおすすめします。

多くの方のご来場をお待ちしています!!
2015.01.19 14:42|イベント情報
こんにちは、ホコです。
一歩ずつ日差しが長くなってきて、冬ももう少しだなと感じる今日この頃です。

さて、先日14日に、大田口カフェとお山の宿みちつじのコラボイベント、
「鹿バーガーづくり」の1回目が開催されました♡

挨拶をしているのは、向かって左から、
お山の宿みちつじの安達さんご夫妻(まやつさん、だいすけさん)、大田口カフェの喜夛河さんご夫妻(スラジさん、ムッシュさん)。
ムッシュさんとまやつさんは姉妹です。
ちなみに、お二人とも、ムッシュかまやつさんに似てる?ことから、このニックネームになったそうです(笑)
P1070921.jpg

先に姉の喜夛河ファミリーが2008年にIターンし「大田口カフェ」を開業、
2012年末には妹さんの安達ファミリーがIターン、古民家を自分たちの手で改修して2013年、今回の会場である「お山の宿みちつじ」を開業しました。
大田口カフェ&お山の宿みちつじのHP→


鹿肉についての説明をする、お山の宿みちつじのだいすけさん。
鹿肉は、地元の猪鹿工房おおとよさんから仕入れているそうです。
P1070928.jpg
カメラ目線なのは、大田口カフェのよしのちゃんです。

大田口カフェの料理人、ムッシュさんがお店の人気メニュー・鹿バーガーの作り方を惜しみなく伝授、お手本を見せてくれます。
P1070933.jpg

P1070934.jpg

10431518_635919573197686_6611699837373154065_n.jpg
10933991_635919589864351_7445491203948391806_n.jpg

材料を入れて練った鹿肉を、薪ストーブの上で焼き上げます♪
P1070946.jpg
P1070948.jpg
P1070951.jpg

バターを塗ったパテも一緒に・・・♪
P1070955.jpg
P1070953.jpg
このパテも、すべて大田口カフェの手作りです。

焼きあがった鹿バーグとパテに、たっぷり野菜を挟んでいきます。
P1070957.jpg
P1070958.jpg
P1070959.jpg

じゃん!
ボリュームたっぷりの、あつあつ鹿バーガーが出来上がりました~♪
P1070960.jpg

いい笑顔です♪
1421646445718_201501191453092af.jpg


ぜんぶ地元獲れの野菜でつくった
ポタージュスープ、エリンギとじゃがいも、白菜のコールスロー、人参と大根の皮のきんぴらもお皿に盛って、
P1070965.jpg

みんなで楽しいランチタイムです♪
P1070968.jpg
P1070970.jpg
わたしも、大田口カフェでこの鹿バーガーを初めて食べた日、「こんなに美味しいハンバーガーがあるものか?」と本気で思いました。
これを食べると牛肉のハンバーガーなんか食べられなくなるかも・・・(笑)


午後からは、大田口カフェ・スラジさんが淹れる特製コーヒーを。
P1070974.jpg

P1070975.jpg
地元の人からも、「大田口カフェのコーヒーは美味しい!」との噂です。

そば粉、碁石茶の入った手作りクッキーと一緒にティータイム。
P1070978.jpg

ぜんぜん甘くないのですが、コーヒーとぴったり合う。
P1070979.jpg
P1070982.jpg

楽しい時間はあっという間。
P1070988.jpg
お見送りです。


こちら、第2回が1月28日(水)に開催されます!
限定先着8名様なので、ご希望の方はお急ぎください!!

ほっこりと、お腹も心も満足する一日となるでしょう。
レシピももらえるし、その場で鹿肉ミンチも購入できますので、お家でまた作りたい方にも最適♪

お申し込みは、「お山の宿みちつじ」0887-75-0390まで。


以下は、「大田口カフェ&お山の宿みちつじ」さん直筆のご案内文です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高知県大豊町にある、大田口カフェと古民家宿、お山の宿みちつじ。
"つくる・たべる・あそぶ・まなぶ"
私たちと一緒に古民家みちつじで特別な時間を過ごしませんか♪
1503893_632985390157771_2322077044803891922_n.jpg
第1回目は、鹿バーガーづくり。
大田口カフェでも人気メニューの鹿バーガー。
パテは薪ストーブでじっくり焼き上げる。
自分で作った鹿バーガーをお昼ごはんに、おなかも心もいっぱいに。
大田口カフェ、スラジのドリップコーヒーが付きます。

ヘルシーで鉄分たっぷりの鹿肉は、すごく食べやすくて、女性にもこどもにも人気です。
初めて!!な方もジビエ好き!!な方も、ぜひご参加ください。
お山の宿みちつじからの冬景色も、おすすめです!!


『鹿バーガーづくり』
日時: 1月28日(水)11時~14時頃
定員 :8名
参加料金:2000円(お山の惣菜、珈琲付)
場所:お山の宿みちつじ(積雪などの場合は大田口カフェに変更になります)
高知県大豊町永渕454
0887-75-0390
10405424_573794532753196_8177936421643317380_n.jpg
【お申込み/お問い合わせ】
「お山の宿みちつじ」
高知県長岡郡大豊町永渕454
0887-75-0390

大田口カフェ&お山の宿みちつじHP→

ご予約はダイレクトメール、お電話(0887-75-0390)までお願いします。

鹿バーガー作りに参加いただいた方でそのまま宿泊される方は、一泊二食の料金を割引いたします♪
ご相談くださいね。


2015.01.09 11:44|イベント情報
ホコです。
本日2度目の投稿です。

さて、さっそくイベントのお知らせです!
来月2月22日(日)開催の、
「地元のお母さんたちが伝授!!
そば打ち&こんちんづくり体験」
10312.jpg




↓こちら、昨年の「そば打ち&こんちんづくり」の様子です。

つなぎを一切使用していない、そば粉100%の10割そばを、延ばして、
1392530799079_20150109111759cc3.jpg

切って、
P1060054_20150109111756109.jpg


茹でて・・・

出来上がり!!
P1060070_20150109111757224.jpg
山菜がトッピングされた出来立てのお蕎麦。

この時の味を今も覚えていますが、決して大げさでなく、今までで食べた蕎麦の中で一番美味しい、と感じました。
皆さまにもこの美味しさを味わってほしいなぁ。


午後からは、大豊町の郷土料理(おやつ?)、こんちんづくり。
フライパンの上で焼いていきます。
P1060095_201501091117583da.jpg

エゴマのプチプチ食感、そしてごぼうのしゃきしゃき感がたまらない、こんちんです。
P1060108_20150109111801350.jpg

昨年の詳しい様子は・・・→コチラをご覧ください。

「地元のお母さんたちが伝授!!
そば打ち&こんちんづくり体験」


開催日:2月22日(日)
集合場所:10時 大豊町役場駐車場
開催場所:穴内あけぼの荘
※集合場所から開催場所までの移動は各自の自家用車でお願いします。
参加費:大人(高校生以上)¥2,500 小中学生¥1,000 幼児¥0
定員:先着25名様


お申し込みは、
★(一財)大豊町観光開発協会0887-72-0450(代)★
までお願いします^^

※平日9:00~17:00

皆さまのご参加をお待ちしております!!
おひとり様でも大歓迎です。

明日から3連休になる方も多いかと思いますが、良い休日をお過ごしくださいね♡

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

大豊町観光開発協会

Author:大豊町観光開発協会
大豊町の観光企画やPRをしている、大豊町観光開発協会です!
H27.12.11 長らくお休みをしていましたが、もうまもなく再開します。大豊町の楽しい情報をどんどんUPしますので、楽しみに待っていてくださいね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。