FC2ブログ
2013.12.27 14:12|日々の徒然
こんにちは、ホコです。

2013年も、もう4日と半日となりました。

今日は仕事納めです。
993805_462351910536525_685718590_n.jpg
写真は、午前中の「ゆとりすとパークおおとよ」での様子。
同じ事務所内で仕事をしている役場の職員さんが撮ってきた写真です。

今年は、あなたにとってどんな年でしたか。

わたしは・・・公私ともにいろいろな変化が訪れて、とても充実した一年でした!


そして、今年最後に、新年のイベントをご紹介させてください!
2月16日(日)開催の、
 「地元のお母さんが伝授!!
          そば打ち&こんちんづくり体験」。 


そばは、水と空気の美味しい大豊町穴内(あなない)地区で収穫したそば粉でつくる、本格手打ちそば。
foodpic4352756.jpg
自分で打って、自分で食べる。

こんな体験、なかなか出来ません!
IMG_4370 (2)
自分で打ったと思えば、美味しさも格別ですよね。
ふぅふぅと、召し上がれ♪



そして、もう一つの柱、こんちん
今秋、「じゃらん×2モーニング」でも取り上げられた、大豊の郷土料理。

小麦粉と特製出汁を混ぜ、そこへ具を混ぜます。P1030846_20131227150002eaf.jpg
この具がポイントで、なんとエゴマとゴボウ。

それをフライパンで焼きます。
P1030851_2013122715000322e.jpg
写真だけを見ると、お好み焼きのソースを塗る前(?)かとも思う「こんちん」ですが、
実際食べてみると全然違うことが分かります!


こんちん写真
ぜひ一度、作って食べてみて!
癖になる美味しさです。


こちら、手打ちそばこんちんの、2つのレシピを、
「穴内あけぼの会」のお母さんが伝授します!!

料金は、大人2,500円、小中学生1,000円。幼児無料です。

時間は、10:00~14:00まで。

2月16日は、予定を空けておいてくださいね~♪
お申し込みは、大豊町観光開発協会0887-72-0450(代)まで!
新年1月6日~お申込み受付を開始します!

詳しくは→コチラ



それでは皆さま、良いお年をお迎えくださいね。
スポンサーサイト
2013.12.25 11:32|ご報告
ホコです。
Merry christmas!!

そして、年の瀬も近いところ、本当に遅くなりましたが、
去る11月3日~4日に開催しました
「定福寺副住職と巡る パワースポット梶ヶ森で、心もカラダも軽くなる旅」の様子を、少しだけお伝えします!




参加者様は、本県を含め香川県や愛媛県など、四国各県からお越しいただき、いろいろな方言の飛び交う、にぎやかなツアーとなりました!


先達は、定福寺の名物副住職・釣井龍秀さん!
霊峰梶ヶ森と定福寺は、とても関わりが深いのです。
541448_539968669430249_280139366_n.jpg
釣井さんのお話しに、みんな自然と引き込まれます!



当日は、降ったりやんだりの雨模様でしたが、参加者の皆さんはレインコートを着て元気にトレッキングしました!
P1040136.jpg

山荘梶ヶ森にチェックインして、夕方からは、写経と写仏の時間。
529478_539968852763564_410034343_n.jpg
約2時間、精神統一して筆を運びます。
わたしも今回、「写仏」を初体験しましたが、なかなか楽しく、またやってみたい!と思いました。



お待ちかねの夕食!

嶺北名物・はちきん地鶏のお鍋♪
P1040115.jpg
そして、大豊といえば、碁石茶。
特に、梶ヶ森の霊水で沸かしたお湯で煮出した碁石茶の味は、まろやかで格別なのです。


鮎の塩焼き、こんにゃく、山菜の煮物など、山の恵みがいっぱいです。
P1040116.jpg

副住職の釣井さんを囲み、遅い時間まで大いに盛り上がりました!
P1040101_20131225104944d26.jpg



そして、翌日の早朝、5時半。
P1040127.jpg
早起きして日の出前の暗闇の中、ご来光を拝みに、山頂へと出発しました!!


山荘から頂上1399.6mまでは、寄り道をしながら約1時間。

あいにくの曇り空で、ご来光は拝めませんでしたが、山頂の凛とした空気に触れることが出来ました!
P1040129.jpg

頂上に鎮座する虚空蔵菩薩様にお祈り。
P1040128.jpg
※梶ヶ森の山中には、七体の仏様が鎮座しています。



ちょっと一息。
サラダになりそうなハーブを摘む二人。
P1040139.jpg


下山してからは、定福寺を参拝。
P1040146.jpg


そして、行程の最後は庵谷せせらぎ庵にて、本格石釜で焼くピザ作り。
P1040180.jpg
秋らしく、柿のトッピングもお目見え!



ご参加いただいた皆様、心からありがとうございました!
また来年もこのようなツアーが開催できればいいな~、と思っております♪
2013.12.19 17:02|食べる・飲む
こんばんは、ホコです。

道の駅大杉で、しし肉立川そば&しし肉うどんが復活したとのこと!!


ししとは・・・言わずものがな、イノシシです!!
IMG_4383.jpg

ちなみに、立川(たぢかわ)そばとは、大豊名物の、そば粉100%を使ったそばです。
IMG_4370.jpg
麺の一本一本が短いのが特徴です。


肉食系女子(笑)、いただきます!!
1387438282340.jpg
モデルは久々登場のS・Hさん。


そしてわたしはしし肉うどんを。
1387438269023.jpg


「今年のお正月はどうする~?」みたいな話をしながら、気分はすでに大晦日です(笑)


しし肉がこりこりして、非常に美味しゅうございました!!
ごちそうさまでした(#^.^#)

1387438305695.jpg


そうそう!
昨年の食1グランプリで準優勝した、担担風立川そばもここで食べられます!!
1387438296442.jpg
↑雨で濡れたのぼり旗を一生懸命直す、S・Hさん。
肉食系女子の鏡です!!



【道の駅大杉】
高知県長岡郡大豊町杉743-1
0887-72-1417
営業時間*8:00~17:00
定休日* 年中無休
アクセス*大豊ICから車で約5分


2013.12.18 10:42|観る・パワースポット
こんにちは、ホコです。

今日は朝からみぞれまじりの雨・・・
雪に変わるのも時間の問題かもしれません。


さて、大豊町寺内にある、豊楽寺(ぶらくじ)。
P1040381.jpg



本堂(薬師堂)です。
P1040366.jpg

この薬師堂、四国最古の建築物で、建物として高知県唯一の国宝なのですね~。

P1040378_201312181003208fc.jpg

薬師堂の前には巨巌の手水岩があります。
P1040367.jpg
文政6年、吉野川の太田瀬から3年がかりで近郷の民が引き上げた、四国でも最大級の手水石だそうです。



また、意外と知られていないのですが、ここは、日本三薬師の一つで、柴折薬師と呼ばれ、
「縁結びのお薬師さん」なのです(*^。^*)


なぜ、縁結びのお薬師さんなのでしょうか?


それは、昔々、豊楽寺の大祭(旧7月6日)があった時は、ここで木の枝を折ったものを敷いて男女が並んで座り語らう出会いの場所になったことから来ているのだそうです。
P1040380_20131218100322be2.jpg


・・・ということで(?)、気になるおみくじを引いてみました!
P1040373.jpg

P1040377_20131218100318370.jpg
縁結びのお薬師さんに、なかなか良い結果をいただきました(笑)



冬空に向かって実をつける、豊楽寺の柿。
P1040370.jpg



前置きが長くなりましたが、ここでやっと本題です!!
この豊楽寺、先日ご住職さんが教えてくれたのですが、
とうとうホームページが出来たそうです!
 →コチラ

仏像や薬師堂の説明なども、簡潔な言葉で分かりやすく解説されていますので、ぜひご覧ください♪



【真言宗 智山派 大田山 大願院 豊楽寺】
高知県長岡郡大豊町寺内314
0887-73-0029
アクセス*☆高知自動車道 大豊ICより車で20分
     ☆JR土讃線 大田口駅下車 徒歩30分
     ☆JR土讃線 大杉駅下車 車で15分
ホームページ→
★薬師堂の特別拝観料は、おひとり様500円。要予約。
★以前に豊楽寺について書いた記事は→コチラ

2013.12.16 11:03|宿泊施設
ホコです。
今年もあと半月。
寒さも本格的になってきましたね。


今回は、「民宿とみお」をご紹介します♪
P1040326.jpg
梶ヶ森の中腹、八畝(ようね)にあります。
八畝は、日本の原風景がそのまま残る、棚田が美しいスポットでもあります♪


P1040328.jpg


三谷よしこさん。
「農家民宿とみお」の女将です。
普段は、農業をしており、米や柚子をつくっています!
P1040352_20131216093748a41.jpg
民宿名の「とみお」はご主人の名前。
この日はちょうど不在でした><
今度はぜひお会いしたいです♪


離れの一棟まるごとが、1日一組限定でお泊りできます。

「この離れは、もともとは娘がおったがやけど、嫁に行って空いたき、民宿をしたらどう?って勧められてね」
P1040332.jpg
コタツも完備のあたたかいお部屋。
カレンダーはすでに2014年1月!!(笑)

部屋からは、八畝の棚田が見えます。
P1040333.jpg
「うちは1日一組様限定で、一棟貸しやき、かなり騒いでも大丈夫よ。みんなぁ、夜遅くまで騒ぎゆね」と、よしこ女将。

お客様は夏場が中心とのことですが、今の季節でも、リピーターさんで「雪が見たい!」という方がいらっしゃっるようで、その時は喜んで受け入れているそう。


そして、キッチン。
P1040331.jpg
民宿「とみお」では、食事は出していないので、お客様は食材を持ち込んで、ここで自由に料理できるようになっています。

ただし、「もしバーベキューが希望なら、食材はこちらで用意しています」、とのこと♪
この庭↓でバーベキューができるそうですよ♪♪
P1040348.jpg

めざとく見つけてしまいました、美味しそうな干し芋!!
P1040346_20131216110802433.jpg
干し芋は、「東山」と言うそうですが、わたしが育った地域(四万十町)では「きりこ」と言っていました。
皆さんの地域ではなんと言いますか?




二間つづきの和室。
P1040341.jpg
通常は、この部屋に布団をしいて寝ることになりますが、


ベッドの部屋もあるので、布団が苦手な人でも大丈夫。
P1040334.jpg


奥の部屋は、カラオケも完備(笑)
P1040336.jpg


あれ、このトロフィーは??
P1040335_201312160936562ab.jpg
「これは昔、主人がよくうちの鯉を品評会に出しよって、賞をもろうた時のよね」

なるほど・・・よく見ると、トロフィーの頭には鯉が!!
たくさんの賞をいただいたんですね~!!



最初は緊張気味だったのが、すっかり打ち解けてきた様子のよしこ女将&同行した嶺北地域観光・交流推進協議会の時久さん。
P1040337.jpg


離れのすぐ隣にあるのが、お風呂とお手洗い。
P1040345.jpg

懐かしい感じのお風呂!!
タイルが何とも言えず、良い味を醸し出しています。
P1040344_20131216105651b76.jpg
都会の人や外国の人は、とても喜ぶそうです。


お手洗いは、洋式・和式の両方あります。
余談ですが、和式のトイレって、最近は少なくなってきていますが、以前、健康運動指導士さんに「“しゃがむ力”というのは年を取ってもとても大切だから、外出した時に和式トイレがあったらなるべく利用するようにしたらいいですよ」と教えてもらい、以来、わたくし、それを守るようにしています♪


ふたたび庭。
P1040361.jpg

これが、噂のトロフィー級の鯉さんたち!!
P1040360.jpg


「あそこの看板の前で、泊まった人はみんなぁ、よう写真を撮りゆぞね」
P1040357.jpg

おお、この看板の前ですね。
P1040354.jpg
「久しぶりに会うお客さんが、“お母さ~~ん!!”って抱き付いてきてきてくれるがよ。それがうれしくてね(*^。^*)」
と語るよしこ女将の話が、印象的でした♪

あたたかいおもてなしのお宿です。





【農家民宿とみお】
高知県長岡郡大豊町八畝625
アクセス*大豊ICから徳島方面へ車で約20分。JR豊永駅から車で10分
0887-74-0704
素泊まり ¥3,000
★一棟貸切、1日一組様限定!
★2名~10名まで
HPは→コチラ
2013.12.13 09:43|観る・パワースポット
おはようございます、ホコです♪


一昨日の夜・・・、
イルミネーション点灯中の噂を聴きつけ、行ってきました!

「学校に泊まろう!みどりの時計台」♪
1386891355793_201312130959198a4.jpg

1386891571509_20131213095950fbd.jpg

1386891580217_20131213100320ec9.jpg



1386891357098_20131213100519897.jpg


「学校に泊まろう!みどりの時計台」の
“用務員さん”マサキさんと、“校長先生”ゆみこさん!
1386891358977_20131213095921381.jpg
廃校を利用した宿泊施設「みどりの時計台」をOPENした2006年以来、毎年この時期はずっと点灯しているそうです!

1386891560820_20131213095948a24.jpg


「手前の橋の上からだと、全景が見えるで~♪」
と、わざわざ親切に案内してくれた、“用務員さん”の、マサキさん♪
1386891361687_201312130959244bf.jpg


暗闇に、ぽっと浮かび上がっています。1386891360494_20131213100521dcf.jpg
点灯時間は毎日17:00~21:00。
クリスマス時期は22時頃まで点灯しているそうです!
そして、お正月の3が日頃まで点灯予定とのこと♡


みなさまもぜひ、ご覧くださいね。
大豊から、高松方面に向かう高速道路からも見えるかも。


※以前に、「みどりの時計台」について書いた記事は→コチラ




【学校に泊まろう!みどりの時計台】
高知県長岡郡大豊町川口665
0887-72-0202
アクセス*大豊ICより車で約7分
料金など、詳しくは→ホームページ
★大豊町は日本一の激流、吉野川が流れ、ラフティングのメッカ。ガイドもされているご夫妻から、お客様のプランに合わせて開催会社のご案内も可能。
★その他のアウトドアスポーツ(カヌー、カヤック、キャニオニング、トレッキング、ハイキング)なども周辺で楽しめます。
★隣接の体育館(大豊町社会体育施設)をご利用できます。宿泊者に限り、手続きの代行をしてくれます。(要予約・有料)


2013.12.11 10:23|食べる・飲む
おはようございます、ホコです。

だいぶ前に取材に行ってたものが延び延びになっていましたが><、遅くなりましたがUPしたいと思います。

喜群(きむら)食堂。

喜ぶ群とは。
字が縁起いいですね~。
1386722292653.jpg

店内です。
カウンター席とテーブル席があります。
P1030643.jpg
家庭的雰囲気の、昔ながらの食堂という感じです。
お昼時には常連さんたちがのんびりと座っています。

わたしたちはこの日初めて行ったのですが、とてもかわいらしいお声の、少女のような風情のおかみさんがもてなしてくれました♪


じゃん!
こちら、ミンチカツ定食、650円。
foodpic4325778.jpg
「○○定食」と言えば、四角いお盆の上に料理が載ってくるのが一般的かと思いますが、ここ喜群食堂ではそうではないのが面白い。


大きなミンチカツが2つと、ポテトサラダ!
foodpic4325776.jpg



そして、日替わり定食、580円!
foodpic4325772.jpg

foodpic4325774.jpg
この日の日替わり定食は、餃子に、カレー味のマカロニ、こんにゃくの煮物、ポテトサラダなど盛りだくさん。


「ふつうの家庭のおひるごはん」、といった趣で、決して気取らず、家庭的なところが人気の秘密なのだと思います。


いただきま~す!
1386722190551_20131211100122e6f.jpg
一緒に行った嶺北地域観光・交流推進協議会の時久さん♪
朗らかで、気が利いて、そして他人の悪口を言うのは聞いたことがない、ステキな彼女。
わたしより9歳年下ですが、見習いたいところがいっぱいです^^


美味しかったです、ごちそうさまでした!
P1030642_20131211101155d83.jpg



【喜群食堂】
大豊町高須238
0887-72-0183
営業時間*9:00~21:00
定休日*日曜日、祝日
アクセス*JR大杉駅より徒歩5分。大豊町役場より徒歩1分。
★2階では30名までの宴会も可。皿鉢料理は9,500円~
★お弁当も出来ます。要予約

2013.12.10 11:07|民泊
こんにちは、ホコです♪

12月5日~7日まで、外務省のJENESYS(21世紀東アジア青少年大交流計画)/アジア大洋州地域の青少年短期招聘事業で、オーストラリア、ニュージーランド、インドネシア、フィリピン、マレーシア、カンボジア、ベトナム、シンガポール、タイ、東ティモール、ミャンマー、ラオス、ブルネイから、世界13か国の学生たち40名が、大豊町へやってきました!!!


こちら、一日目の永渕神楽体験。
DSC_9244.jpg

DSCN0072.jpg


星神社での百手(ももて)体験。
CIMG4410.jpg
※画像がブレていて、スミマセン><


夜は、標高約1230mの山荘梶ヶ森にて。
CIMG0111.jpg

そして、翌日。
高知市の追手前高校を訪問&交流したり、本山町のさくら市を見学したり、大豊町に最近できた高知おおとよ製材を見学したりした後は、いよいよファームステイ!!


入村式です。
DSC_9251.jpg


大豊町の民泊推進協議会の秋山会長があいさつ。
DSC_9250.jpg
8つの家庭に分かれて、この日はそれぞれの家に泊まります。
大豊町で外国の方の受け入れをしたのは、今回が初めて!


こちら、4人の男の子が宿泊した、岩原の下村家!
993463_556670281093421_1565895026_n.jpg
絶景かな、絶景かな。

日本の、神棚と仏壇が一緒にある文化は、彼らにとってどう映ったのでしょうか^^
1479201_556670307760085_1473175421_n_20131210095055042.jpg


ちらし寿司をつくって・・・
1483295_556670384426744_837440561_n_2013121009505674e.jpg

家族みんなで囲炉裏を囲んでばんごはん。
1461276_556670427760073_941918965_n_20131210095052ca3.jpg

高知名物・リープルを「とってもおいしい!」と気に入る少年たち(笑)。
1467286_556670464426736_628410302_n_20131210095053bb8.jpg



そしてこちらは、女の子8名が宿泊した、佐賀山の渡辺家!
DSC01405.jpg
渡辺さんちは、農家民宿LEBENを営んでいます。

ピザづくり。
DSC01397.jpg

暖炉の前でばんごはん。
DSC01404.jpg


牛の乳搾り体験。
DSC01408.jpg

DSC01418.jpg

DSC01414.jpg

最後はhugでお別れ。
DSC01423_20131210102059e7f.jpg



最終日は、燈ので家と、庵谷せせらぎ庵の2グループに分かれて、日本ならではの炭焼き体験、豆腐作り体験、うどんづくり体験を。
DSC_9255.jpg

P1040299.jpg

P1040314.jpg




大豊町最後の行程は、日本一の大杉、「杉の大スギ」。

ここはやはり、海外の若者たちにとっても圧巻だったようです。
CIMG0145_20131213113008d97.jpg




いよいよ、大豊町とも別れを告げます。
CIMG0146.jpg
最後の最後に、スタッフも一緒に記念撮影!
みんな、また来てね!!
わたしたちも、他国の文化や言葉を垣間見ることができ、とてもいい思い出になりました!!!



★昨日(12月9日)付の高知新聞に、その時の様子が掲載されていました!
1386639947491.jpg





2013.12.03 16:34|日々の徒然
こんにちは、ホコです♪

たそがれ時のひととき、いかがお過ごしでしょうか?

さて、昨日。
大豊町から車で約40分の南国市内の各施設に、
今度15日(日)に大豊町で行われる
オリジナルリースづくり体験
の宣伝を兼ねて、営業に行ってきました!

スーパーなどにチラシを置いてもらいましたので、よろしくお願いします!

そして、こちらも行ってきました!
南国市役所内にある、南国市観光協会です!
1386043705407.jpg
左のダンディな男性が、事務局長の中山さん。そして、笑顔の素敵な事務局員・黒田さん(右)。



お二人に、ちゃっかり、大豊町のオリジナルリース作りのチラシを手にしてもらいました♪
1386043690709_201312031620336cd.jpg
黒田さんは、以前、このリース作りに来ていただいたことがあるとのこと。
今年は仕事の関係で残念ながら来られないそうですが><、、
「ご飯も美味しくて、とてもよかった!!」とおっしゃっていただきました♪
ありがとうございます!!



そうそう。
南国市は、その日はこんなイベントがあるそうです。
1386043747333.jpg
※すでに定員いっぱいとのことですが、遍路ウォークはわたしも個人的にとっても興味があります!
一度めは車で回り、今、歩き遍路で途中まで回っているのですが、1年以上、ちょっと休憩中・・・><
次回、仕事が重ならなければ、ぜひ参加させてもらいたいです!!


これからも、近隣の市町村同士、お互いにいろいろと協力していけたら・・・と思っています。



穴内あけぼの会のオリジナルリース作り体験 
1386055861341.jpg

詳しくは→コチラ♡
2013.12.02 10:53|食べる・飲む
12月15日クリスマスリース作り 詳しくは→コチラ



おはようございます、ホコです。
あっという間に今年も師走に突入です。

先日、仕事で標高1400メートルの梶ヶ森に行ったのですが、まさかの初雪、そして、マイナス3度!!
骨の芯まで凍るとは、このことでした・・・><

さて、今日は、そんな寒い日にもほっとあたたまる食べ物を出しているお店をご紹介しようと思います♪

満を持してブログ初登場!!!
 「大豊ラーメン!!」 
P1040211.jpg

P1040213_20131202102518e9f.jpg
まねき猫が迎え入れてくれました!!


お昼時の店内は、お客様でいっぱい!
P1040224_201312021026491fc.jpg
明るく気持ちの良い接客でお客様を笑顔にしているのは、
ここ「大豊ラーメン」の代表・森下信子さん。
もともとは高知市出身ですが、結婚して大豊へ来られたのだそう。

店そのものは30年ぐらい前からここにあり、森下さんが受け継いだのは約10年前。
以来、ここの看板女将として、日々奮闘中です!!

わたしは数か月ぶりぐらいに行ったのですが、ちゃんと覚えていてくれて、うれしかったです。

こちら、ボリュームたっぷり、でも味はあっさりの、塩ラーメン!!!
P1040216.jpg

金の器に入ってくるのがポイント!!
P1040217.jpg
お金持ちになれそうな予感・・・(笑)


そして、ここは、ラーメンもさることながら、唐揚げも絶品なのです。
P1040218.jpg

やわらかくてジューシーな鶏の唐揚げ。
P1040223.jpg
わたしもいろいろなお店に行きますが、ここのから揚げは、本当に美味しい。
「大豊ラーメン」秘伝のタレを使用しているのかな?!
なかなかこの味は出せないと思います。


ラーメンをちゅるちゅると一気に胃に駈け入れ、急ぎ足でお店を出て行ったお客様。
そして、お店に残って、森下さんとゆっくり会話を楽しむ方。
P1040227.jpg
国道32号線のこのお店を、さまざまなお客様が訪れていますが、
ほっと一息できるオアシスになっているような気がします♪





【大豊ラーメン】
大豊町磯谷74-1
0887-73-0234
営業時間*11:00~21:00
※夏期は11:00~14:30、17:30~21:00
定休日*日曜日、月曜日、13日
★ラーメン以外はテイクアウトも可。
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

大豊町観光開発協会

Author:大豊町観光開発協会
大豊町の観光企画やPRをしている、大豊町観光開発協会です!
H27.12.11 長らくお休みをしていましたが、もうまもなく再開します。大豊町の楽しい情報をどんどんUPしますので、楽しみに待っていてくださいね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR