FC2ブログ
--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01.30 11:48|民泊
こんにちは、ホコです♪

1月28日(水)~29日(木)の2日間、高知県の観光特使・観光アドバイザーをつとめる藤澤安良先生をお迎えし、民泊研修会が行われました。
10488292_642825335840443_7143323398954235833_n.jpg
こちら、藤澤先生。
観光関係の方なら、この顔を拝見したことがある方も多いのではないでしょうか?

藤澤先生は1952年生まれの62歳、滋賀県出身で現在は東京都に住所を置きますが、年間の約300日は日本中を飛び回り、家にいるのはたったの65日ぐらいとのこと!!
ということで、全国津々浦々の体験型観光や教育旅行のアドバイザーに携わられています。
大豊町にも何度も足を運んでいただいています。

1日目は、藤澤先生による座学での講義。
10922721_642825475840429_1867555211721048887_n.jpg
民泊に少しでも興味がある、orもうすでに受け入れている方を対象としたこの研修会。
メモを取ったりしながら、皆さん真剣に耳を傾けていました。
10897887_642825615840415_7818819897426390639_n_20150130114317d54.jpg

そして、今まで民泊を受け入れた家庭の方たちからの発表もありました。
10952292_642825709173739_759795411462123891_n_20150130152548fb4.jpg


そして、2日目は、徳島県との県境に近い、岩原地区の標高400mに位置する下村邸にて実地研修。
1422600543732.jpg
※下村さんは、「ゲストハウスたかもとや」という簡易宿泊所も経営されています。
詳しくは、以前のブログ→ へ♪

10941876_643402935782683_8290873995167432109_n.jpg
本番さながらに、受け入れ側(向かって左の下村さんご夫婦)と、修学旅行生役(向かって右の3名)の、初めての挨拶のところから♪

それ以外の受講生のみなさんは、『空気』となって見守りながら耳を傾けています。
10868272_643403102449333_4271365074389985922_n.jpg


外にあるお風呂を案内。
10945042_643403032449340_6525037230417987251_n.jpg
「ここは、ぜひ窓を開けて絶景の景色を見せたらいいですね~」
と、藤澤先生。

今から、家業体験として、一緒に大豊町の郷土料理をつくります。
と言っても、けっして華美なものではなく、普通の昔ながらの「和食」です。

「民泊」は、教育旅行の一環なので、「おもてなし」をするのではなく、“里帰りしてきた身内”のような感覚で接し、料理や家業を教え、一緒に体験することが必要となってきます。

家の近くで採れたイタドリ、わらび、ゼンマイなどの山菜。
1422600070420_20150130154719123.jpgこちらを炒めます。

大豊町だけに伝わる、大変希少性の高い『銀不老豆』のおにぎりづくり。
10689674_643403249115985_8587698234677306862_n.jpg

1924445_643403225782654_5901492024087405528_n_20150130163257f18.jpg
受け入れ側は最初に手順のお手本を見せたら後はできるだけ手を貸さずに、生徒自らに「させる」ことが大切です。


お腹がすいてきました!
みんなで作ったお昼ごはんをいただきます。
1907553_643403352449308_3489498521215910134_n.jpg

じぶんたちで取り分けて・・・。
16307_643403279115982_4253533626274681375_n.jpg

しし汁、岩原のお豆腐に柚子味噌、山菜炒め。
10437688_643403369115973_6714061444807839403_n.jpg

そして、銀不老豆のおにぎり。
10375093_643403399115970_3068312472231658136_n.jpg

10350453_643403515782625_715555172483839802_n.jpg

食べながら、会話も弾みます。
10956057_643403462449297_2629519837456899353_n.jpg


お昼ごはんのあと、一息ついたら、おやつの茗荷団子づくり。
10488006_643403609115949_8714446424272082064_n.jpg
茗荷の葉で団子をくるむので「茗荷団子」といいます。
こちらも、大豊町の郷土料理です。
10940422_643403655782611_7626197215631538078_n.jpg


お団子を蒸している間に、何をしているのかというと・・・いろんなモノの重さ当てクイズ!
10891553_643403682449275_3158268892595180826_n.jpg
「ユーモアを交えながら、和やか&リラックスした雰囲気で、こういうことをする時間も必要ですね」
と、アドバイスが入ります。

出来ました!
蒸したて・熱々の茗荷団子です♪
10363559_643403715782605_1623136034434928117_n.jpg


すべてのプログラムが終わり、本日の反省会。
10983_643403749115935_7759685481135755565_n_2015013016325642d.jpg

2日間、かなり濃い研修となりました。
わたし自身も、新たに「あ!そうなのか~」と学んだことがたくさんありました。

藤澤先生、そして受講生の皆様、2日間本当にお疲れ様でした&ありがとうございました^^
これを実際の受け入れにどんどん生かしていけるよう、教育旅行の誘致に力を入れて行かなければなりませんっっ!!!


★大豊町では、民泊受け入れ家庭をまだまだ募集しています!
少しでも興味のある方、「今すぐは難しいけれど、数年後に検討してみようかな」という方でも結構です。
お気軽にお問い合わせください。
(一財)大豊町観光開発協会 0887-72-0450㈹
スポンサーサイト
2015.01.28 10:57|イベント情報
おはようございます、ホコです♪

昨日、もうすぐ始まる福寿草まつりの会場、南大王に行ってきました。

大豊ICから国道32号線を徳島方面にだいたい20分ぐらいで、「豊永」というところにきます。

そして、踏切を渡って国道439号線に入り・・・
暫くするとこんな看板が見えてきます。
10940465_642229729233337_99047348378551703_n.jpg

昨年末に完成した新しい青い橋を渡ります。
19285_642229749233335_8312894507072269232_n.jpg
※今まで渡っていたもう少し先にある橋は、現在渡れませんのでご注意ください。

渡ったら道なりに進み、最初に出てくる分岐を右折、そこからしばらく走ると二股になっているので、左の方へ進みます。(右へ進むと梶ヶ森です。ちなみに右に「梶ヶ森」と、左に「福寿草の里」の標識が出ています)

・・・とか言いながら、昨日は道を間違い、何とぐるっと回って元のところに出てきてしまいました・・・・・汗
わたしのようにならないように!!


あと2キロで着きます!!
1976992_642229762566667_3335611093026969373_n.jpg


南大王の「福寿草の里」会場では、小さくて黄色い福寿草の花がちらほら咲きはじめていました。
10383082_642229882566655_5763063377831868787_n.jpg

10516862_642229849233325_5944799094950414411_n.jpg

一緒に行ったKさん。
10951912_642229899233320_839667403511446479_n.jpg

「福寿草の里」を登り切ったところにある売店(ここで会期中は田楽やうどん、豚汁などの販売がある予定です)と、蛇体神社。ご利益がありそう!
10947173_642229922566651_7171777615639026757_n.jpg

近くで農作業をしていたご夫妻が、
「どこから来た?もうえい感じで咲きゆよ。ゆっくり見て行ってや~」
と声を掛けてくれました。

小川のせせらぎの音、そして黄色い可憐な福寿草に癒され、しばしのひとときを過ごしました。


「第27回福寿草まつり」
2月8日(日)~3月8日(日)
まもなく開幕です!!

2月8日(日)には、オープニングセレモニーが行われ、もちまきや永淵神楽の舞も披露されます。
10407934_642235825899394_831273981943991061_n.jpg

1509265_642235959232714_5517516711986609577_n.jpg

福寿草まつりについてのお問い合わせは
「福寿草を育てる会」0887-74-0324


日帰りウォーキング(2/22土、2/28日)についてのお問い合わせは
「ワープ高知支店」088-822-8130


福寿草まつりフォトコンテスト(3/3火17時締切)についてのお問い合わせは
「大豊町観光開発協会」0887-72-0450㈹


※積雪や路面が凍っている可能性がありますので、お車でお越しの場合はスタッドレスタイヤ装着でお越しください。
※スギ花粉の季節ですので、花粉アレルギーの方はマスク着用をおすすめします。

多くの方のご来場をお待ちしています!!
2015.01.19 14:42|イベント情報
こんにちは、ホコです。
一歩ずつ日差しが長くなってきて、冬ももう少しだなと感じる今日この頃です。

さて、先日14日に、大田口カフェとお山の宿みちつじのコラボイベント、
「鹿バーガーづくり」の1回目が開催されました♡

挨拶をしているのは、向かって左から、
お山の宿みちつじの安達さんご夫妻(まやつさん、だいすけさん)、大田口カフェの喜夛河さんご夫妻(スラジさん、ムッシュさん)。
ムッシュさんとまやつさんは姉妹です。
ちなみに、お二人とも、ムッシュかまやつさんに似てる?ことから、このニックネームになったそうです(笑)
P1070921.jpg

先に姉の喜夛河ファミリーが2008年にIターンし「大田口カフェ」を開業、
2012年末には妹さんの安達ファミリーがIターン、古民家を自分たちの手で改修して2013年、今回の会場である「お山の宿みちつじ」を開業しました。
大田口カフェ&お山の宿みちつじのHP→


鹿肉についての説明をする、お山の宿みちつじのだいすけさん。
鹿肉は、地元の猪鹿工房おおとよさんから仕入れているそうです。
P1070928.jpg
カメラ目線なのは、大田口カフェのよしのちゃんです。

大田口カフェの料理人、ムッシュさんがお店の人気メニュー・鹿バーガーの作り方を惜しみなく伝授、お手本を見せてくれます。
P1070933.jpg

P1070934.jpg

10431518_635919573197686_6611699837373154065_n.jpg
10933991_635919589864351_7445491203948391806_n.jpg

材料を入れて練った鹿肉を、薪ストーブの上で焼き上げます♪
P1070946.jpg
P1070948.jpg
P1070951.jpg

バターを塗ったパテも一緒に・・・♪
P1070955.jpg
P1070953.jpg
このパテも、すべて大田口カフェの手作りです。

焼きあがった鹿バーグとパテに、たっぷり野菜を挟んでいきます。
P1070957.jpg
P1070958.jpg
P1070959.jpg

じゃん!
ボリュームたっぷりの、あつあつ鹿バーガーが出来上がりました~♪
P1070960.jpg

いい笑顔です♪
1421646445718_201501191453092af.jpg


ぜんぶ地元獲れの野菜でつくった
ポタージュスープ、エリンギとじゃがいも、白菜のコールスロー、人参と大根の皮のきんぴらもお皿に盛って、
P1070965.jpg

みんなで楽しいランチタイムです♪
P1070968.jpg
P1070970.jpg
わたしも、大田口カフェでこの鹿バーガーを初めて食べた日、「こんなに美味しいハンバーガーがあるものか?」と本気で思いました。
これを食べると牛肉のハンバーガーなんか食べられなくなるかも・・・(笑)


午後からは、大田口カフェ・スラジさんが淹れる特製コーヒーを。
P1070974.jpg

P1070975.jpg
地元の人からも、「大田口カフェのコーヒーは美味しい!」との噂です。

そば粉、碁石茶の入った手作りクッキーと一緒にティータイム。
P1070978.jpg

ぜんぜん甘くないのですが、コーヒーとぴったり合う。
P1070979.jpg
P1070982.jpg

楽しい時間はあっという間。
P1070988.jpg
お見送りです。


こちら、第2回が1月28日(水)に開催されます!
限定先着8名様なので、ご希望の方はお急ぎください!!

ほっこりと、お腹も心も満足する一日となるでしょう。
レシピももらえるし、その場で鹿肉ミンチも購入できますので、お家でまた作りたい方にも最適♪

お申し込みは、「お山の宿みちつじ」0887-75-0390まで。


以下は、「大田口カフェ&お山の宿みちつじ」さん直筆のご案内文です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高知県大豊町にある、大田口カフェと古民家宿、お山の宿みちつじ。
"つくる・たべる・あそぶ・まなぶ"
私たちと一緒に古民家みちつじで特別な時間を過ごしませんか♪
1503893_632985390157771_2322077044803891922_n.jpg
第1回目は、鹿バーガーづくり。
大田口カフェでも人気メニューの鹿バーガー。
パテは薪ストーブでじっくり焼き上げる。
自分で作った鹿バーガーをお昼ごはんに、おなかも心もいっぱいに。
大田口カフェ、スラジのドリップコーヒーが付きます。

ヘルシーで鉄分たっぷりの鹿肉は、すごく食べやすくて、女性にもこどもにも人気です。
初めて!!な方もジビエ好き!!な方も、ぜひご参加ください。
お山の宿みちつじからの冬景色も、おすすめです!!


『鹿バーガーづくり』
日時: 1月28日(水)11時~14時頃
定員 :8名
参加料金:2000円(お山の惣菜、珈琲付)
場所:お山の宿みちつじ(積雪などの場合は大田口カフェに変更になります)
高知県大豊町永渕454
0887-75-0390
10405424_573794532753196_8177936421643317380_n.jpg
【お申込み/お問い合わせ】
「お山の宿みちつじ」
高知県長岡郡大豊町永渕454
0887-75-0390

大田口カフェ&お山の宿みちつじHP→

ご予約はダイレクトメール、お電話(0887-75-0390)までお願いします。

鹿バーガー作りに参加いただいた方でそのまま宿泊される方は、一泊二食の料金を割引いたします♪
ご相談くださいね。


2015.01.09 11:44|イベント情報
ホコです。
本日2度目の投稿です。

さて、さっそくイベントのお知らせです!
来月2月22日(日)開催の、
「地元のお母さんたちが伝授!!
そば打ち&こんちんづくり体験」
10312.jpg




↓こちら、昨年の「そば打ち&こんちんづくり」の様子です。

つなぎを一切使用していない、そば粉100%の10割そばを、延ばして、
1392530799079_20150109111759cc3.jpg

切って、
P1060054_20150109111756109.jpg


茹でて・・・

出来上がり!!
P1060070_20150109111757224.jpg
山菜がトッピングされた出来立てのお蕎麦。

この時の味を今も覚えていますが、決して大げさでなく、今までで食べた蕎麦の中で一番美味しい、と感じました。
皆さまにもこの美味しさを味わってほしいなぁ。


午後からは、大豊町の郷土料理(おやつ?)、こんちんづくり。
フライパンの上で焼いていきます。
P1060095_201501091117583da.jpg

エゴマのプチプチ食感、そしてごぼうのしゃきしゃき感がたまらない、こんちんです。
P1060108_20150109111801350.jpg

昨年の詳しい様子は・・・→コチラをご覧ください。

「地元のお母さんたちが伝授!!
そば打ち&こんちんづくり体験」


開催日:2月22日(日)
集合場所:10時 大豊町役場駐車場
開催場所:穴内あけぼの荘
※集合場所から開催場所までの移動は各自の自家用車でお願いします。
参加費:大人(高校生以上)¥2,500 小中学生¥1,000 幼児¥0
定員:先着25名様


お申し込みは、
★(一財)大豊町観光開発協会0887-72-0450(代)★
までお願いします^^

※平日9:00~17:00

皆さまのご参加をお待ちしております!!
おひとり様でも大歓迎です。

明日から3連休になる方も多いかと思いますが、良い休日をお過ごしくださいね♡

2015.01.09 09:50|ご報告
ホコです。
お久しぶりです。
ものすご~~く久しぶりの更新で、ドキドキしてます。

そして、遅くなりましたが、2015年、明けましておめでとうございます。
今年も良い一年になりますように。


さて、7日に定福寺にて「七福神祭り」が執り行われました。
10923472_632489093540734_7636633620646053245_n.jpg

定福寺の七福神は、住職さんが約30年前、自転車で四国88箇所を廻った際、とある寺で出会った七福神像に惹かれ、それを造った方に連絡を取り、定福寺にも造ってもらったのが始まりとのこと。

10920906_632489130207397_5440513659461186791_n.jpg

10358736_632489150207395_3307568809614719868_n.jpg
住職さんのお話しは笑いもところどろこに散りばめられ、新年早々幸先の良い感じ。

本堂での祈りの後は、七草粥が振る舞われました。
1506517_632489050207405_8372445831968314125_n.jpg
せり、なずな、すずな、すずしろ、ほとけのざ、ごぎょう、はこべら。

お正月の暴飲暴食にもたれた胃に、ほっとする美味しさでした。
10888670_632489160207394_1294042773631754197_n.jpg

TV局の取材も来ていました。
10685393_632489173540726_1930543455283615520_n.jpg

写真には写っていませんが、お寺の一年生になるお坊ちゃんが、「おかわりいりませんか?」と一生懸命回っていた姿がなんともかわいらしく、印象的でした^^

ぼちぼちブログの更新もしていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

大豊町観光開発協会

Author:大豊町観光開発協会
大豊町の観光企画やPRをしている、大豊町観光開発協会です!
H27.12.11 長らくお休みをしていましたが、もうまもなく再開します。大豊町の楽しい情報をどんどんUPしますので、楽しみに待っていてくださいね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。