FC2ブログ

人生変える、「おおとよ塩かえる農園」

2013.08.02 15:45|大豊の人々
薬師寺大祭、施餓鬼舟、夏祭りなど、夏のイベント日程についてはコチラ
8月18日(日)カレー&ナンがついた「森林体験の場をみんなでつくろう!」ツアーについてはコチラ
8月25日(日)庵谷で、山菜ピザづくり&ネイチャーゲーム体験イベントについてはコチラ
9月15日(日)ラフティング&BBQの婚活イベントについてはコチラ



こんにちは♪ホコです!

今朝の大豊はけっこう激しい大雨でしたが、今は曇り空で落ち着いています。
みなさまの地域はいかがでしたか?


さて、大豊への就農移住者さん紹介が続きます!


昨日ご紹介した「はるひ畑」さんから少しだけ山を下ったところにある、「おおとよ塩かえる農園」。
P1030061.jpg

ここでは主に、“アイコ”という品種のトマトが育てられています。
P1030055.jpg

P1030059.jpg

「おおとよ塩かえる農園」の、塩谷学さん、陽子さんご夫妻です。
P1030065.jpg
わたくし、実はこの「塩かえる農園」さんの名前を初めに聞いたとき、「ここで塩が買えるのか!」とすっかり勘違いしてしまっていたのですが、そうではなくて、塩谷さんの“塩”と、“人生を変える”という意味を掛け合わせているのだそうです。


さて、山口生まれの学さんと、徳島生まれの陽子さんが出会ったのは、東京。
P1030052.jpg



学さんは、東京の音大を卒業し、プロのホルン奏者を目指していたのですが、夢破れてサラリーマンに。
P1030060.jpg
サラリーマン時代は、某コンビニの本部で商品開発を手掛けていたという学さん。
朝、東京の都心まで満員電車に揺られて出勤し、帰りは終電、そして次の日は6時に起きて、7時にはまた満員電車に揺られて・・・の繰り返しの毎日。

「当時はそれが当たり前だと思っていました」と振り返る学さんと、
「わたしは、そんな仕事は辞めてほしいとずっと思っていました。コンビニの大量生産、大量販売の世界も好きじゃなかった」と陽子さん。
P1030066.jpg
「満員電車なんて、異常ですよね~!見ず知らずのおじさん同士が抱き合っているような状態なんですよ!」
と力説する陽子さん。
これについては、わたしも同感です。わたし自身も満員電車での通勤に疲れ果て、Uターンを決めたクチなので。(他にもいろいろ理由はありますが…♪)
P1030067.jpg

学さんはある日突然、仕事に見切りをつけて、辞めてきます。
そして、田舎で農業への道をいざなったのは、他でもない、陽子さん。

全国、いろいろな就農候補地を見てまわりますが、
「中には、徳川家康みたいな風貌の役所の人が出てきて、“あんたら、ほんまに農業できるの?お金はあるの?”と上から目線で言われたこともあって、そこには絶対住まない!と思いました」
P1030069.jpg

だけど、大豊は違った。
「役場のMさんという方が、とても熱心に大豊への移住を勧めてくれたので、もう、ここにしよう!と決めました」
※ちなみに、わたしがMさんの名前を聞いたのは2回目。以前のラッキー農園の取材の時も、この方の名前が挙がっていました。

何か大きな決断をするときは、こうやって、ぽんと背中を押してくれる人の言葉の力が大きいのでしょうね。




「どう?食べてみますか?」
P1030051.jpg



アイコを味わうaikoさん(←本名S・Hさん)♪
P1030056.jpg


ちょうどそこへ通りかかったのは、昨日紹介した「はるひ畑」の杉本さんの叔父さんで、トマト師匠の和田さん。
何の騒ぎかと、クルマから降りて農園前までやって来てくれました。
P1030063.jpg
「平成8年か9年頃、ミニトマトは単にお弁当の彩りというばぁで、ちっとも美味しくなかった。それを何とか美味しくしちゃろうと思うて試行錯誤した。ミニトマトを贈答用のトマトにまで価値を高めたがは、うちが初めてやないろうか」。

「トマトも人間も同じで、小さい時の問題児が、意外と大物になることがある。当たり障りなく、上品に育てたらいかん、たくましく育てんと。」

和田師匠の話に熱心に耳を傾け、有機農業について掘り下げて質問する陽子さんと、優しく見守る学さん。
P1030057.jpg


都会に住んでいたお二人が、人生を変えた大豊。
P1030068.jpg
人生変える「塩かえる農園」、お二人の気持ちがいっぱい詰まった農園です。


お土産にいただいたアイコ、ごちそうさまでした!!!!
aikoさん(S・Hさん)と仲良く分けさせてもらいました♪






【おおとよ塩かえる農園】(塩谷学さん&陽子さん)
大豊町杉39-2
0887-72-0240
090-8436-6851
ブログは→コチラ
facebookページは→コチラ
★塩かえる農園のトマトは、サンシャインの産直市ほか、Oisixで買えます。
Oisixのホームページは→コチラ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

大豊町観光開発協会

Author:大豊町観光開発協会
大豊町の観光企画やPRをしている、大豊町観光開発協会です!
H27.12.11 長らくお休みをしていましたが、もうまもなく再開します。大豊町の楽しい情報をどんどんUPしますので、楽しみに待っていてくださいね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR