FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大杉のどぶろく『輝』」が日本一に!!

2014.01.30 16:18|食べる・飲む
こんにちは、ホコです。

春の兆しが少しずつ感じられる今日この頃・・・。

大豊町に、うれしいニュースが舞い込んできました!!
1604956_584803351613447_860025477_n.jpg
日本一の大杉(杉の大スギ)のすぐそばで「農家レストランファミリー大杉」を営む杉本輝秀さん(写真左)が丹精込めてつくる
「大杉のどぶろく『輝』甘口」が、
先日1月23日~24日に北秋田市にて開催された
「第9回全国どぶろく研究大会in北秋田 どぶろくコンテスト」
にて、なんと、
濃芳酵の部で最優秀賞を受賞したのです!!
辛口も、淡麗の部にて入賞という、W受賞の快挙です!!
※岩崎憲郎大豊町長とパチリ。


こちらが審査結果です。
1390868789785.jpg
出品数・淡麗の部55、濃芳酵の部50、全105銘柄の中でこの快挙!!



P1040418.jpg


さっそく、杉本さんのもとに取材に駆けつけました~!!
P1040398.jpg
「いや~、びっくりしたね~、まさかまさかの受賞よ!」と謙遜しながらも、喜びを隠しきれない杉本さん。

平成22年5月からどぶろくづくりをはじめ、どぶろくコンテストには今年が3回目のチャレンジ。
3度目にして初受賞です!!

P1040401.jpg
「甘さを出すのがなかなか難しい。昔風のやり方がいいんじゃないか、と、今までのと作り方を変えたのが良かったがやろうか。それにしても、まさか通ると思わんかった!!」

ちょうど遊びに来られていた、同じく香南市でどぶろくをつくっている「どぶろく工房香南」の代表・岡崎祝壽さんと。
P1040425.jpg
岡崎さんは今回、「香南のいぶき」が淡麗の部にて見事優秀賞を受賞!!
お二人で喜びを分かち合っていました。


「どぶろくを飲んだことがないんじゃけんど、甘口と辛口はどこが違うんですか?」
と伺う、一緒に取材に行ったHSさん。
P1040405.jpg
杉本さんによると、
「甘口の方が麹を多く使うね~。あとは、温度の違い。辛口は半月~20日で出来るけんど、甘口は2か月ぐらいかかる」
とのこと。
どぶろくづくりは、なかなか、奥が深いです。


自らつくったどぶろくを手に、「これからも、ますます、味の良い、みんなに喜ばれるどぶろくをつくっていきたい」と抱負を語る杉本さん。
P1040407.jpg
今後は、どぶろくを利用した商品開発も視野に入れて行きたいとのこと。

どぶろくづくり、そして地域の活性化に意欲的な杉本さんは、今度の2月5日で73歳!
今年は、良い年になりそうですね。


さて、1月30日現在、「大杉のどぶろく『輝』」の在庫は約60本。
新聞の取材などもあったので、これから売り上げが急上昇しそうな勢いです。
今日仕込んだ分は、仕上がりが3月の終わりになるとのことですので、ご希望の方はお早めにお買い求めくださいね。


杉本さん、本当におめでとうございます!!

日本一の大杉で、日本一のどぶろくが生まれました♪
今日は、どぶろくで乾杯!!!



【農家食堂 ファミリー大杉】
大豊町杉72番地(「日本一の大杉」駐車場となり)
代表 杉本輝秀さん
0887-72-0588
090-4335-0454
営業時間*9:30頃~16:00頃
定休日*不定休
★以前に杉本輝秀さんについて紹介した記事→こちら
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

大豊町観光開発協会

Author:大豊町観光開発協会
大豊町の観光企画やPRをしている、大豊町観光開発協会です!
H27.12.11 長らくお休みをしていましたが、もうまもなく再開します。大豊町の楽しい情報をどんどんUPしますので、楽しみに待っていてくださいね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。